経理・会計のことなら「税理士法人 合同会計」へ。
群馬県高崎市、埼玉県さいたま市(大宮)の
税理士法人です。
ご相談・セミナー・お問い合わせ お電話からのお問い合わせ

決算・決算事前検討会

決算の前に事前検討会を行うことで会社経営の先を読む力をアップしつつ、決算を迎えることができます。さらに決算終了後には、決算報告会を行うことで経営の安定を図ることが出来るのではないでしょうか。 起業間もない会社様に対応すべく決算相談を承っております。節税対策などの相談も含みますので、まずはお気軽にご相談ください。

決算について詳しく知りたい。

わかりやすく決算についてお話します。

決算とは、年に1回(会社により2回)の会社の成績表。

決算とは、会社が一会計期間における損益を計算・報告することです。決算によって「いくらかけて、いくら儲けたか、会社の財産の内訳はどうなっているのか」を明らかにします。最長でも一年間に一度は決算を行う必要があります。

決算書作成の目的

決算書作成の目的は、決算書により一定期間の経営成績と決算日時点の財政状態を明らかにするため、利害関係者に報告することにあります。企業を取り巻く、利害関係者は多岐にわたっており、その利用目的にも様々なものがあります。

利害関係者 株式会社を起業する場合
経営者 ●経営責任の把握 ●経営意思決定資料 ●役員賞与の算定根拠 ●株主への報告責任の解除
株  主 ●経営成果の報告 ●配当金の受領要求の根拠資料 ●株価算定の根拠資料
銀行・仕入先 与信の判断資料
従業員 賃金交渉の参考資料
税務署等 税務申告の根拠資料
格付会社 企業価値評価の参考資料

この他、投資家の意思決定資料、取引先の取引開始の決定資料、求職者の募集等にも有効であると言えます。また、利用目的がある以上、会社にとって好ましい決算状況の必要があります。通常、決算に当たり、下記の点に配慮して決算処理を行います。

  • 利害関係者からの信用享受
  • 経営成果の分配方法(役員賞与、従業員賞与、株主配当金)の検討
  • 節税対策の検討
  • 財政状態の健全化

決算書の中身

一口に決算書と呼びますが、実際、決算書はいくつかの書類から成り立っています。すなわち、決算書とはそれらの報告書類の総称になります。

決算書は、「貸借対照表」「損益計算書」「株式資本等変動計算書」「注記表」「事業報告」の5種類から成り立っており、場合によっては「製造原価報告書」を含めて6種類とするケースもあります。また、「キャッシュフロー計算書」を加える会社もあります。

決算書の中身

合同会計ならお気軽に無料相談から始められます! お気軽にご相談ください!

今すぐ無料相談を申込む サービスへのお問合わせ

決算時に慌てないように、効率良く決算の準備をして、決算に臨みたい。

決算事前検討会でしっかり対策します。

決算の2ヶ月前に、利益や税額の事前予測を行う「決算事前検討会」。

決算の2ヶ月前に、利益や税額の事前予測を行う「決算事前検討会(計画決算の検討会)」は、決算に向けた対策(税額予想や節税対策など)をご提案いたします。また、ご要望があれば、次の事業計画もご提案いたします。

決算業務支援サービス

「決算事前検討会」とは

決算事前検討会とは、事業年度終了2ヶ月前を目安に10ヶ月の実績と残り2ヶ月の予測をもとに、現状でのおおよその決算数値及び税額の算出と決算日までにやるべきことについて、決算日が到来する前に実施する検討会です。

「決算検討会」とは

決算検討会とは、完成した決算書の報告と確認、翌期以降で改善すべき事項の検討及び翌期以降の事業展望や事業計画の軌道修正等についての検討会です。また、ご要望があれば、事業計画の作成、さらには作成した事業計画とその後の実績とを対比し差異を検討していく予実管理もご提供いたしております。

決算までのスムーズな流れ

STEP 1 各帳簿類
当社では、『会計帳簿はお客様が作成するもの』という考え方から、原則としてお客様自身に会計帳簿を作成していただいております。
STEP 2 計算表の作成
各勘定の残高と合計を一覧表にまとめ、記載や計算のミスがないか確認します。
STEP 3 決算整理
棚卸しや減価償却、引当金の計上など、決算に必要な事項の整理を行う。
STEP 4 精算表を作成
試算表や決算書の結果を精算表にまとめ、主要簿や補助簿をすべて締める。
STEP 5 決算書の作成
精算表をもとに貸借対照表、損益計算書、営業報告書、付属明細書、利益処分計算書、製造原価報告書(製造業のみ)を作成する。
STEP 6 決算書の承認
決算書を作成したら、株主に承認を得るため、株主総会を開くことが法律で定められています。この株主総会は、定時株主総会と呼ばれ、決算日(会社の〆日)から2ヶ月以内に開いて、決算書を確定しなければなりません。
STEP 7 税金の申告
決算が株主総会で承認されたら、税務上のさまざまな調整を行い、所得の金額(税務上の利益)を算定し、税金を計算します。(会社にかかる税金参照)この申告を確定申告といい、基本的には決算日から2ヶ月以内に申告と納税を行わなければなりません。

決算書の作成から改善事項の検討までトータルでサポート!
合同会計に安心してお任せください!

合同会計ならお気軽に無料相談から始められます! お気軽にご相談ください!

今すぐ無料相談を申込む サービスへのお問合わせ

トップへ戻る